香川県産カンアオイ属2種の地下茎による生活様式の復元

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3131
タイトル
香川県産カンアオイ属2種の地下茎による生活様式の復元
タイトル(別表記)
Life style on the subterranean stem of two Heterotropa species in Kagawa prefecture
ファイル
内容記述

1. 香川県産カンアオイ属2種の生活様式について, 掘り取った地下茎に基づき, 復元調査を行った。 2. ナンカイアオイもミヤコアオイもその葉条の基本構成は, 鱗片葉2枚に普通葉1枚、花をつける時は花1個の数と順序であった。 3. 普通葉の残存年数は最長3年であり, 1年葉だけのものが一番多かった。 4. 10節当りの着花節数は, 両種の間に有意差は認められず, 平均3~4節であった。経年の着花率推移は, 大きく変動していた。 5. 分枝茎を着ける個体は, ナンカイアオイが54%, ミヤコアオイが35%であったが, 1個体に着く分枝数は, 両種とも1~2枝のものが多かった。分枝茎の大部分はN型節に着き, 1節から出る分枝の数はほとんどが1枝であった。 6. 正常分枝茎の平均年齢は, ナンカイアオイが3年, ミヤコアオイが2年であった。年齢構成は, 両種とも1年の新芽が最も多く, 4~5年までに急減していた。休眠茎の年齢構成は, ほとんどのものが1年であった。

著者
著者 久米 修
著者(ヨミ) クメ オサム
著者(別表記) Kume Osamu
掲載誌
香川生物
17
開始ページ
25
終了ページ
31
出版者
香川生物学会
出版年月日
199003
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.