女体山北部におけるニホンザル野生群の遊動様式

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3133
Title
女体山北部におけるニホンザル野生群の遊動様式
Title Alternative
Nomadic pattern of wild troop of Japanese monkey (Macaca fuscata) on northern part of Mt. Nyotai, Kagawa prefecture, Japan
File
Description

香川県女体山北部の, 大多和周辺に出現するニホンザル野生群について, 1989年3月から, 1990年1月にかけて, 直接観察およびアンケート調査を行った。その結果, 遊動域や遊動パターンの季節変化, 性・年齢構成, および交尾・出産の時期について, 次の結果が得られた。 (1) 群れは, 遊動域の広さを季節の変化に応じて変える。夏と秋には広い, 春と冬には狭い遊動域を持ち, 特に冬には最も狭い遊動域を持つ傾向がある。しかし, 遊動域そのものが, 場所的に大きく移動することはない。 (2) 春や秋の, 比較的食物に恵まれた季節であっても, よりよい食物をもとめて, 遊動パターンを変化させる。しかし基本的には, 南と北に存在する, よい食物パッチを直線的に結ぶ, 南北方向の遊動パターンを維持している。 (3) 食物の分布地域と, 遊動の仕方との対応から, 遊動域は, 各季節における食物の種類とその分布によって, 一義的に決定されていると考えることができる。 (4) 群れから一時的に別れて, 独自の遊動をする小グループ(10個体以下)が, 存在する。 (5) 群れの個体数は, 44頭前後であると推定される。他地域の群れと比較して, 一般的な性・年齢構成を持つと思われる。 (6) 出産期は5月上旬頃から, 交尾期は11月中旬頃から, それぞれ開始されることが指摘された。

Author
著者 中川 盛智
著者(ヨミ) ナカガワ シゲトモ
著者(別表記) Nakagawa Shigetomo
Publication Title
香川生物
Volume
18
Start Page
1
End Page
10
Publisher
香川生物学会
Published Date
199103
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
Resource Type
Journal Article
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.