ヒラタドロムシの微細分布と日周期活動

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3146
タイトル
ヒラタドロムシの微細分布と日周期活動
タイトル(別表記)
Microdistribution and diurnal activity of Mataeopsephenus japonicus (Coleoptera : Psephenidae)
ファイル
内容記述

香東川の支流小出川においては, ヒラタドロムシ幼虫はうき石の下面と沈み石の境界面に多く分布していることがわかった。実験の結果では, 幼虫は負の走光性をもつことが明らかになった。日周期活動を調べると, 日中に境界面に分布していた多くの個体が夜間に側面などに出てきて, 翌日の日の出時には再び境界面に戻ることがわかった。しかし充満度は日中にも高い値を維持していることから, 夜間の活動は摂食行動そのものではなく, 捕食者から逃避しつつ新たな摂食場所を求める行動であることが示唆された。

著者
著者 堀尾 高徳
著者(ヨミ) ホリオ タカノリ
著者(別表記) Horio Takanori
掲載誌
香川生物
19
開始ページ
69
終了ページ
74
出版者
香川生物学会
出版年月日
199202
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.