香川県の社寺林(4)主な構成樹種の分布について

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3178
Title
香川県の社寺林(4)主な構成樹種の分布について
Title Alternative
Precinct woods of shinto shrines and buddhist temples in Kagawa prefecture (4) Distribution of some major component species
File
Description

島嶼部を除いて, 県内432社寺林の高木(亜高木), 上層の構成樹種のうち主もの33種類中25種類について分布をまとめた。 その結果, クスノキ, アラカシは, 調査した殆んどの社寺林で認められたので, 分布域は本県全域であると思われる。 エノキ, ムクノキは, 阿讃山脈の頂上近くを除いて, 調査した殆んどの社寺林で認められた。 アベマキ, クヌギは, 県下全域に, コナラは, 平野部から山間部に多く分布していた。 ツブラジイは, 海岸近くから山間部にかけて帯状に分布しており, 中讃・西讃で多く認められた。タブノキは, 西讃の山間部に集中していた。カシの類では, アラカシ以外でウバメガシの149社寺林が最も多く, その殆んどが海岸近くに分布していた。アカガシは, 県中央部の標高の高い山間部~山地に, ウラジロガシは, 海岸よりも内陸部~山間部にかけて多く, シリブカガシは, 西讃の平野部~山間部に多くぶんぷ, また, シラカシは少ないが県内に転々と認められるなど, それぞれ特徴のある分布域が明らかになった。 ケヤキは, 山間部の標高の高い地域に多かった。ヤブニッケイ, カゴノキは県内全域に分布していた。クロガネモチは, 海岸~平野部の標高の低い所に多く分布していた。モッコク, クロバイは, 平野部~山間部に多く分布していた。その他, モチノキ, イスノキ, ヒメユズリハ, ホルトノキ頭は, 認められた社寺林は多くなかったが, それぞれ特異な分布を示し興味ある結果を得た。

Author
著者 新居 正敏
著者(ヨミ) ニイ マサトシ
著者(別表記) Nii Masatoshi
Publication Title
香川生物
Volume
22
Start Page
17
End Page
27
Publisher
香川生物学会
Published Date
199506
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
Resource Type
Journal Article
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.