香川県坂出市のフクロウ Strix uralensis hondoensis のペリットの内容物について

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3182
Title
香川県坂出市のフクロウ Strix uralensis hondoensis のペリットの内容物について
Title Alternative
On the pellet contents of the ural owl, Strix uralensis hondoensis
File
Description

A total of 36 pellets of the Ural owl, Strix uralensis hondoensis were collected at Sakaide, Kagawa Pref., from 13 to 21, June, 1994. The names of species contained in these pellets were identified by the characteristics of teeth, bones, crania and feathers. The predominant foods taken by the owl are as follows : 78.6% Passer montanussuturatus, 3.6% Sturnus cineraceus in birds : 7.1% Apodemus speciosus, 4.8% Rattus rattus, 5.9% Pipistrellus abramus in small mammals. One pellet of the owl contained 2.4 animals as on average.

1994年6月13日~21日の間に, 香川県坂出市文京町2丁目1番5号の香川県立坂出高等学校の校庭のクスノキの下で, フクロウの雛2羽の出したペリットを36個採集し, 内容を調べた。1羽の雛は1日にほぼ1個のペリットを出していた。1個のペリットの乾燥重量は平均で1.93gであった。これを阿部・松田の調査にあてはめると, 1日に餌として生重量で38.6gの小動物がフクロウの雛に与えられたことになる。フクロウのペリットから出てきた骨格を分析した結果, 小動物としてはスズメ, ムクドリ, アカネズミ, クマネズミおよびアブラコウモリが確認された。そのうちペリットの内容の78.6%がスズメであった。1つのペリットの中には1頭~4頭, 平均2.4頭の小動物が含まれていた。ペリットの中に多く見られる骨格としては, 鳥類では上腕骨, アカネズミでは大腿骨であった。

Author
著者 森井 隆三
著者(ヨミ) モリイ リュウゾウ
著者(別表記) Morii Ryuzo
著者 塩入 知子
著者(ヨミ) シオイリ トモコ
著者(別表記) Shioiri Tomoko
Publication Title
香川生物
Volume
23
Start Page
15
End Page
20
Publisher
香川生物学会
Published Date
199604
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
Resource Type
Journal Article
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.