『日本のコウモリ洞総覧』こばれ話--徳島県・高知県(室戸岬)の巻--

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3203
Title
『日本のコウモリ洞総覧』こばれ話--徳島県・高知県(室戸岬)の巻--
Title Alternative
Further note on a list of caves of bat habitation in Japan--A case in Tokushima Pref. and Kochi Pref.(Muroto point)--
File
Description

この調査を通じて徳島県下の旧横井戸, 旧導水トンネル, 石灰洞にはキクガシラコウモリ, ユビナガコウモリが生息し, 高知県室戸岬地区の海蝕洞には同じくキクガシラコウモリ, ユビナガコウモリが生息していることが判明した。木内・吉田(1969)によれば徳島県の権現洞(那賀郡木沢村坂州)にコキクガシラコウモリが, 桃原第一洞(那賀郡木沢村高野)にキクガシラコウモリが生息する。木内らの調査から約30年を経過しているが, なんとかそれらのコウモリの生息洞近辺の自然がそのまま残され, 今尚, 多くのコウモリが安泰であることを祈る。 本調査に際して御協力下さった木内盛郷, 酒井雅博, 生口博則(広島大学理学部教授)及び木原疆(岡山県矢掛町国民健康保険病院医師)の諸氏に厚く御礼申し上げる。

Author
著者 沢田 勇
著者(ヨミ) サワダ イサム
著者(別表記) Sawada Isamu
Publication Title
香川生物
Volume
25
Start Page
47
End Page
52
Publisher
香川生物学会
Published Date
199805
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
Resource Type
Journal Article
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.