アブラコウモリ Pipistrellus abramus 同一集団の出巣個体数, 性比および年齢構成の季節的変化

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3223
タイトル
アブラコウモリ Pipistrellus abramus 同一集団の出巣個体数, 性比および年齢構成の季節的変化
タイトル(別表記)
Seasonal changes of emergence number, sex ratio and age composition in the same colony of Pipistrellus abramus in Kagawa prefecture, Japan
ファイル
内容記述

Seasonal changes of emergence number, sex ratio and age composition in a colony of Pipistrellus abramus were investigated in Kagawa Prefecture from 1993 to 2000. The number of emergence was the maximum when new born young emerged in the nest of the colony. The maximum number was 213 individuals in 1993. The number did not rise over in the succeding years, suggesting no growth of the number of the colony. Sex ratio changes in each period of life. In the period of parturition, there were no males. The largest part of the age composition in each period of life was young and a few adult females. It is suggested that the longest survival was five years in females and 10 months in males, respectively.

1. 1993~2000年にかけて, アブラコウモリPipistrellus abramus同一個体群の各月の出巣個体数, 各生活史の中での性構成および年齢構成について調べた。 2. 出巣個体数は新産児の巣立期が一番多く, 最大は1993年8月の213個体であった。それ以後, 1994年, 1995年にこの個体数を超えることはなかった。すなわち, 個体群としての成長はみられなかった。 3. 各生活史で性比は異なり, 出産後の新産児のいる時期が一番高, ついで巣立期, 交尾期・冬眠前の時期, 冬眠あけの時期で, 出産期にはその値は0.00であった。 4. 各生活史の中での年齢構成は, 0~1歳齢の個体を中心に, 各年齢の成獣雌からなっていた。 5. 雄の最長年齢は10ヶ月齢であり, 雌では約5歳齢であった。

著者
著者 森井 隆三
著者(ヨミ) モリイ リュウゾウ
著者(別表記) Morii Ryuzo
掲載誌
香川生物
28
開始ページ
37
終了ページ
44
出版者
香川生物学会
出版年月日
200106
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.