Theoretical basis for determinining the number of X_<2->plants required for improvement of quantitative characters of self-pollinating crops

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3351
タイトル
Theoretical basis for determinining the number of X_<2->plants required for improvement of quantitative characters of self-pollinating crops
タイトル(別表記)
自殖性作物の量的形質に関する突然変異育種2世代目における裁植個体数推定のための理論的基礎
ファイル
内容記述

Some theoretical equations, by the use of which the approximate size of X_<2-> population for quantitative character breeding can be estimated, were offered in this paper.

量的形質が育種対象であるときのX_<2->個体数を推定するための諸式を、3つの異なる選抜モデルについて、理論的に求めた。これらの理論式から、以下に述べるような一般的な知見が得られた。(1)育種形質に関与する遺伝子座間に連鎖がなければ、ある選抜強度のもとで、X_<2->個体数は大まかにいって(^^L_1__j)(1/2m)_jに反比例すると言える。ここに、mは遺伝子あたりの人為突然変異率を、またL_1およびjはそれぞれ、育種素材の劣悪遺伝子座の総数およびそのうちで突然変異処理によって一挙に改良すべき遺伝子座の数を示す。このことは。X_<2->個体数が人為突然変異率および改良すべき遺伝子座数に強く影響されることを意味する。特に、劣悪遺伝子の突然変異率が極めて低かったり、いくつかの遺伝子座を同時に改良しようとする場合には、法外に多くのX_<2->個体数が必要であろう。(2)選抜強度を高めて選抜効果をあげようとすれぼ、それだけ多くのX_<2->個体が必要である。(3)突然変異個体を識別するための対象個体あるいは区の数を増すほど、X_<2->個体は少なくて済む。しかしながら、両者の関係は、育種環境の均一度や育種形質の形質発現安定度など表わすて大きく変わることが考えられ、簡明な理論式でによつことは困難なようである。本報中の諸式を用いて数値計算を行なった結果、より具体的な知見がいくつか得られた。それらは次報で述べることにする。

著者
著者 Yonezawa Katsuei
著者(ヨミ) ヨネザワ カツエイ
著者(別表記) 米沢 勝衛
著者 Ichii Masahiko
著者(ヨミ) イチイ マサヒコ
著者(別表記) 一井 真比古
著者 Yamagata Hirotada
著者(ヨミ) ヤマガタ ヒロタダ
著者(別表記) 山県 弘忠
掲載誌
育種学雑誌
20
6
開始ページ
351
終了ページ
358
出版者
日本育種学会
出版年月日
19701231
ISSN
0536-3683
NCID
AN00013906
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
英語
関連情報URL(isReplacedBy)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001812109
権利関係
日本育種学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.