生活科研究の授業履歴と省察(2)

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/375
タイトル
生活科研究の授業履歴と省察(2)
タイトル(別表記)
The Transcription and Consideration of 'Life Environment Research' (2)
ファイル
内容記述

複数教科複数教員が関わりながら授業を展開してきた「生活科研究」のこれまでの経緯を振り返りながら,筆者自身が学んできたことを中心に省察を試みる。体験学習の魅力は,新たなコミュニケーション(気づき)が,新しいディスコースを生み出し,自己を取り巻く世界と自己自身が刷新されるような体験にあると考える。筆者は1999-2005の間,「生活科研究」に関わる中で,学生たちを有意義な体験学習へ導く努力をしてきたのであるが,それは同時に筆者自身の自己の変容を導くものでもあった。ここで体験した筆者の省察は,新たな教員養成を開く一つの契機になると考える。

著者
著者 野崎 武司
著者(ヨミ) ノザキ タケシ
著者(別表記) Nozaki Takeshi
掲載誌
香川大学教育実践総合研究
11
開始ページ
29
終了ページ
38
出版者
香川大学教育学部
出版年月日
20050900
ISSN
1345-708X
NCID
AA1147009X
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.