学力評価に関する理論的・事例的研究(2) : 総合的な学習の時間における評価について

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/381
Title
学力評価に関する理論的・事例的研究(2) : 総合的な学習の時間における評価について
Title Alternative
Theoretical and Case Study on Evaluation of Scholastic Ability (No.2) : The Evaluation for Integrated Study and Acquired
File
Description

総合的な学習の時間の評価に関わる視点から飯山北小学校の研究紀要やまとめの研究物をもとに事例検討を行う。教師が児童の総合的な学習の時間の評価を行っていく際には,単に「評価のための評価」とならないように「指導と評価の一体化」として生かしていくことが求められる。その前提として学校の特色となる全体構想や育てたい力,教師の願いや思いについて共通理解しておかなければならない。そして,個人の表現物等を連続して見取っていく力や児童自身の自己認識の高まりを捉えていこうとする教師の姿勢が重要である。

Author
著者 香川大学教育学部附属教育実践総合センター学力評価に関する研究プロジェクト
著者(ヨミ) カガワ ダイガク キョウイク ガクブ フゾク キョウイク ジッセン センター ガクリョク ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ プロジェクト
著者(別表記) Research Project Team for the Evaluation of Scholastic Ability
著者 植田 和也
著者(ヨミ) ウエタ カヅヤ
著者(別表記) Ueta kazuya
Publication Title
香川大学教育実践総合研究
Volume
11
Start Page
89
End Page
96
Publisher
香川大学教育学部
Published Date
20050900
ISSN
1345-708X
NCID
AA1147009X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.