女木島における局地的強風「オトシ」について : 現地観測

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/444
Title
女木島における局地的強風「オトシ」について : 現地観測
Title Alternative
The Strong Local Wind 'Otoshi' at the Island of Megijima : Site Observation
File
Description

When the winter monsoon occurs and the westerly wind blows over the Seto Inland Sea district, a strong wind occurs not at the expected windward (west) side of the island of Megijima but at the leeward (east) side. The strong wind lashing the east side is known locally as the 'Otoshi'. The 'Otoshi' has been investigated by site observations. The 'Otoshi' is a very strong and gusty southerly wind containing a spray of seawater. The airflow hitting the southwestern end of the island is forced to change the direction and moves along the island toward the northeast. The airflow is strengthened by some topographic effects of the island body and lashes against the coast at Higashiura, and is known as the 'Otoshi'. During the two winter seasons of observation, a maximum mean wind speed of 20.3 m/s and a maximum instantaneous wind speed of 35.2 m/s were observed on 27 January 2002.

女木島の東浦で発生する局地的強風「オトシ」の現地観測を2回の冬季に行った。「オトシ」は日本付近を低気圧が通過した後, 冬型の気圧配置が強まり, 瀬戸内海地域で西南西から西の風が卓越するときに発生する。「オトシ」の発現時間の長さは短いときで数時間, 長いときで約4日間続くことがあり, ほぼ冬型の気圧配置の持続時間と一致する。「オトシ」は, 南西から南にかけての強風で, これまでの観測で, 最大平均風速20.2m/s, 最大瞬間風速35.2m/s (2002年1月27日) を観測している。「オトシ」が吹くとき, 風向の変動は少ないが, 風速の変動は大きく, 突風率も大きい。「オトシ」の発生時における移動観測や目視による海面の観察からから, 西よりの季節風が卓越するとき, 女木島南端に吹き付けた気流が地形によって曲げられて, 島を回り込んで東浦に向かって進むことが分かった。しかし, 風下側で風が強化される原因や, 季節風に対して島影になると思われる地域で強風域が形成される原因については限られた観測データだけでは解明できない。今後, コンピュータを用いた数値シミュレーションなどによる検討が必要である。

Author
著者 渡邊 匡央
著者(ヨミ) ワタナベ マサヒロ
著者(別表記) WATANABE Masahiro
著者 森 征洋
著者(ヨミ) モリ ユキヒロ
著者(別表記) MORI Yukihiro
Publication Title
香川大学教育学部研究報告第Ⅱ部
Volume
54
Issue
2
Start Page
75
End Page
101
Publisher
香川大学教育学部
Published Date
20040929
ISSN
0389-3057
NCID
AN00038226
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.