戸籍の訂正によって従前の戸籍上の父子関係が消除され,改めて認知の訴えを提起する場合でも,民法七八七条但書の出訴期間の制限をうけるとされた事例 : 父がした二男の出生届には,長男を父の子とする意思があるとして,認知届の効力があるとされた事例

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/503
Title
戸籍の訂正によって従前の戸籍上の父子関係が消除され,改めて認知の訴えを提起する場合でも,民法七八七条但書の出訴期間の制限をうけるとされた事例 : 父がした二男の出生届には,長男を父の子とする意思があるとして,認知届の効力があるとされた事例
Title Alternative
Case on Family Law
File
Description

判例批評

Author
著者 松本 タミ
著者(ヨミ) マツモト タミ
著者(別表記) Matsumoto Tami
Publication Title
香川法学
Volume
5
Issue
1
Start Page
141
End Page
149
Publisher
香川大学法学会
Published Date
19850410
ISSN
0286-9705
NCID
AN00064452
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.