学校ボランティア活動の実態と課題

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/823
Title
学校ボランティア活動の実態と課題
Title Alternative
The Actual Condition and Subject of a School Volunteer Activity
File
Description

<研究論文・実践報告>

香川大学教育学部では,近年,学生ボランティアの参加数が急増している。これは2000年度から,香川県教育委員会と連携して学生ボランティア派遣事業を開始したことによる。この事業によって,これまで多くの学生が公立小中学校でボランティア活動に従事してきたが,実際の学校現場を体験するだけでなく,教職の「使命」や「意義」を習得する絶好の機会となっている。しかし,この派遣事業が,実際の受け入れ先である学校にとって有効な活動になっているのか,これまで全県調査をしたことがなく,特に受け入れ先での学生の活動実態を把握する機会がなかった。そこで,全県の小中学校を対象とした調査結果を分析し,学生による""学校ボランティア活動""の成果と課題を考察する。

Author
著者 阪根 健二
著者(ヨミ) サカネ ケンジ
著者(別表記) Sakane Kenji
Publication Title
香川大学教育実践総合研究
Volume
13
Start Page
15
End Page
22
Publisher
香川大学教育学部
Published Date
200609
ISSN
1345-708X
NCID
AA1147009X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.