2003年九州水害の社会学的研究(2) : 被害と対応の地域間比較

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/903
Title
2003年九州水害の社会学的研究(2) : 被害と対応の地域間比較
Title Alternative
Sociological Study on the Kyushu Flood Disaster in 2003 (II)
File
Description

2003年7月19日~20日にかけて九州一帯を記録的な集中豪雨が襲い、福岡県太宰府市、飯塚市、熊本県水俣市等で甚大な被害が発生した。以前、筆者はこの災害について太宰府市を対象に調査する機会を得た。その一応の成果は室井(2005)でまとめたが、その後、調査対象地に飯塚市を加え、現在は両地域の比較を念頭に置きつつ調査を継続している。本稿では両地域がこの災害でどのような被害を受け、どのように対応し、現在どのような復興状況にあるのかを概観する。調査データの整理と記述を主眼とした作業論文であるが、最終節では両地域における地域防災の課題について社会学的な観点から論及してみることにしたい。

Author
著者 室井 研二
著者(ヨミ) ムロイ ケンジ
著者(別表記) MUROI Kenji
Publication Title
香川大学教育学部研究報告第Ⅰ部
Volume
126
Start Page
1
End Page
16
Publisher
香川大学教育学部
Published Date
20060930
ISSN
0454-9309
NCID
AN00038237
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.