香川県産カスミサンショウウオの産卵に水深が及ぼす影響 : 水深から考える保護方法

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/994
Title
香川県産カスミサンショウウオの産卵に水深が及ぼす影響 : 水深から考える保護方法
File
Description

香川大学修士(教科教育専攻・理科教育専修)学位論文; 平成21年3月24日授与

香川県産のカスミサンショウウオH y n o b i u s n e b u l o s u s は絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。本種の生息地で2 0 0 5 年, 2 0 0 6 , 及び2 0 0 8 年の3回, 産卵数および産卵環境の調査を行った。2 0 0 5 年以降の本種の卵嚢数,総産卵数,及び卵嚢に含まれる卵数は減少傾向にある事がわかった。卵嚢数,総産卵数,及び卵嚢に含まれる卵数の年変動と産卵水域の環境要因の年変動との関係を調べたところ,前者の年変動と卵嚢を産み付ける水深の年変動が連動しており、卵嚢及び卵数は卵嚢を産み付ける水深が浅くなれば低下する傾向にある事がわかった。また産卵場所の最大水深が3 0 c m 以上の地点では、卵嚢を産み付ける水深の変動は大きいが,卵嚢に含まれる卵数の変動は小さかった。つまり卵嚢を産み付ける水深が大きく変動しようとも, 最大水深が3 0 c m 以上あれば安定した卵数を得られる可能性があるということがいえる。また産卵場所の最大水深が5 c m 以下では産卵がほとんど確認できなかったことと,卵嚢を産み付ける水深や, 産卵数の変動は産卵場所の周辺環境、C O D 、及び水温と関連がなかったことから, 産卵場所の水深を3 0 c m 以上にすることで, 産卵場所や産卵数の減少を防ぐ事ができると考えた。また2 0 0 5 年と2 0 0 8年に,孵化後の幼生の生存数や生息環境を調べた結果,上陸まで安定した水深を保ち続ける事が幼生の生存にとって重要であるとわかった。以上のことから,産卵場所や産卵数の減少を防ぎ,次世代の個体数を確保するためには,産卵期( 2 - 4 月) の産卵場所の水深を3 0 c m 以上にし,幼生が上陸する8 月まで安定した水深を保ち続ける事が重要だといえる。

Author
著者 樫原 大明
著者(ヨミ)
著者(別表記)
Publisher
香川大学
Publisher Aalternative
Kagawa University
Resource Type
Thesis or Dissertation
Language
jpn
Text Version
author
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.