全学共通教育の平成22年度実施に向けた研修会(FD)報告

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27929
タイトル
全学共通教育の平成22年度実施に向けた研修会(FD)報告
タイトル(別表記)
General Education Workshops in 2010
ファイル
内容記述

 第1部「全般的課題」では、全学共通教育の全般的課題と大学教育開発センターの次年度の取り組みについての報告、あわせて、現在行われている全学的なFDプログラムについての紹介をおこなった。続く第2部「分科会」では、授業担当者を中心に四つの分科会に分かれて、より具体的な討論と情報交換をおこなった。また分科会終了後には、全学的なFD研修会の周知をはかるべく、SPODで行われているスキルアップ講座のビデオを放映した。

日時:平成21年12月15日(火) 13:30 - 17:00
場所:教育学部621講義室ほか
対象:全教員(特に、平成22年度全学共通教育担当予定の先生方)
第1部全般的課題
1. 全学共通教育の現状と課題
2. 次年度の新しい取組-『四国学』の設置に向けて
3. 全学的なFDプログラムについて
4. 全学共通教育事務手続
第2部分科会
A. 大人数講義授業改善分科会(主題科目・共通科目等):授業実践例の紹介と討論
B. 少人数講義授業改善分科会(教養ゼミナール等):授業実践例の紹介と討論
c. 成績評価の厳格化・標準化分科会:各学部の現状紹介と意見交換
D. 今後のFD のあり方を考える分科会:情報交換と意見交換
※ 分科会終了後、17:00から四国地区大学教職員能力開発ネットワーク(SPOD) で行われているスキルアップ講座の様子をビデオ放映

 以下、当日の提題者と書記が中心となって報告原稿を作成し、研修会の企画・実施にもあたった大学教育開発センター調査研究部が編集をおこなった。
大学教育開発センター調査研究部】柳津良明(調査研究部長・教育学部)、倉石文雄(教育学部)、中島洋樹(法学部)、宮脇秀貴(経済学部)、新井明治(医学部)、吉田秀典(工学部)、深田和宏(農学部)、羽白洋(大学教育開発センター)、葛城浩一(大学教育開発センター)、佐藤慶太(大学教育開発センター)、細谷謙次(修学支援グループ)
 【その他の執筆者・資料提供】武重雅文(大学教育開発センター長・教育学部)、田中健二(共通教育部長・教育学部)、堤英敬(法学部)、瀬戸郁子(教育学部)
 司会:葛城浩一(大学教育開発センター)、記録:佐藤慶太(大学教育開発センター)

著者
著者 大学教育開発センター調査研究部
著者(ヨミ) ダイガク キョウイク カイハツ センター チョウサ ケンキュウブ
著者(別表記) Center for Research and Educational Development in Higher Education (Investigation Research Section)
掲載誌
香川大学教育研究
掲載誌(別表記)
JOURNAL OF HIGHER EDUCATION AND RESEARCH KAGAWA UNIVERSITY
7
開始ページ
49
終了ページ
69
出版者
香川大学大学教育開発センター
出版者(別表記)
Center for Research and Educational Development in Higher Education, Kagawa University
出版年月日
2010-3
ISSN
1349-0001
NCID
AA1197154X
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.